ビルベリーを家庭菜園で育てる方法

ビルベリーを家庭菜園で育てる方法について

ビルベリーを家庭菜園で育てる方法

ビルベリーを家庭菜園で育てる方法ビルベリーは北欧の森の中に自生しているのですが、日本国内でも育てることはできますし、一般家庭の家庭菜園で栽培することも可能です。

 

植え付けには大体9月中旬~12月上旬の秋植えか、春ごろの3月くらいが適しています。

 

ビルベリーを育てるためには水はけと水持ちの良さがポイントになります。ピートモスと鹿沼土を7:3の割合で混合させます。

 

肥料は休止期である1月~2月にかけて、窒素・リン酸・カリウムを2:1の割合の緩効性化成肥料を施し、ピートモスを敷きます。地植えの場合は、しっかりと土壌を耕してから植えつけるようにしてください

 

植え付ける2週間前に腐葉土とピートモスや赤玉土、元肥を混ぜます。その土がなじんでから、苗を植え付けします。また、プランターでも育てられるので、マンション住まいの方でもベランダで育てることができると思います。

 

プランターや鉢を使うときには、植え付ける苗よりも2~3回り大きいサイズのプランターを使ってください。ブルーベリー用の腐葉土があるので、それを使うと簡単です。ただし、花芽ができるまでに7度以下の気温で800時間置く必要があります。日中は外や窓辺で花が咲くのを待ちましょう。

 

以上のように、ビルベリーはプランターで育てることができます。家庭菜園が趣味の方は、自宅で育ててみてはいかがでしょうか?

 

手軽にビルベリーを摂りたい方にはサプリメントがおすすめ

ビルベリーはそのまま食べることもできますが、効率よくビルベリーの栄養素を補給したい方にはサプリメントがおすすめです。最近では人気が高まり、ビルベリーサプリメントはさまざまなメーカーから登場しています。

 

ビルベリーだけでなく、その他の有用成分が一緒に摂れるサプリメントもあります。たとえば、ルテインが一緒に配合されているものなら、アイケア目的にぴったりです。